TOP > 健康・病気の豆知識 > そけいヘルニアの治療にご注目を
健康・病気の知識

そけいヘルニアの治療にご注目を

   
長野中央病院 外科部長 成田 淳
   立ち上がった時に、どちらかの足の付け根(そけい部)が突出することがないでしょうか?突出する状態を〝ヘルニア〟と称します。成人のそけいヘルニアが増えています。その昔〝脱腸〟といわれていた疾患です。

治療法は手術療法

   そけいヘルニアは、生命に関わるほどではありませんが、日々の生活の質を落としている可能性があります。また、まれではありますが、時に腸が完全にはまり込んでしまうこともあります。ヘルニアの陥頓(かんとん)といいます。この場合には緊急の処置が必要です。
   成人のそけいヘルニアは、加齢などによる腹壁の筋肉などの脆弱化(弱くなること)によると考えられるため、自然治癒は望めません。治療方法は手術療法です。

多様な手術方法・麻酔方法から選択

   近年、よりからだに優しい数々の手術方法・麻酔方法が開発され、当院も新しい技術を積極的に取り入れ研鑽を積んできました。
   弱くなった部分にメッシュと呼ぶ布状の形成されたシートを留置して腹圧を受ける壁とする手術を行います。そけいヘルニアには大きく3 種類の病態があり、近年はさらに代表的なヘルニアである外側型そけいヘルニアの特殊型への対処方法の解明が進んできました。当院は3 種類のヘルニアに広く対応できるメッシュの留置を行っています。メッシュ留置の経路にも大きく3つの経路があり、各々の利点をいかせる手術方法を選択します。

一人ひとりに合わせた手術方法が可能

   全身麻酔下での腹腔鏡を使った手術、脊椎麻酔下の手術、必要であれば局所麻酔下での手術も可能であり、一人ひとりのヘルニアの病状とからだの状態を適切に評価します。
   高齢の方も、合併症を抱えている方も多くいます。たとえば、抗凝固剤を内服している方の内服薬の調整や各種麻酔方法に対する準備も必要です。当院は内科との連携を密に図り、その方に最も適した低侵襲の安全確実な治療を行いたいと考えています。めざすは優しいオーダーメイドの外科治療です。
   そけいヘルニア外来も開設しました。火曜日11時からです。ご心配な方はぜひ一度ご相談ください。